トラベルヘルパー協会

トラベルヘルパー協会

Pocket

Q:検定準2級の資格を取得後、最初からお客様とマンツーマンでのお仕事になるのですか?
A:ご自身の介護・旅行スキルにより、その場合もあります。ですが、不安なくトラベルヘルパー業務にあたって頂けるようオリエンテーション、打ち合せを行います。また、お客様によっては研修トラベルヘルパーとして出ていただく機会もある場合がございます。
 
 
Q:東京以外の場所で実地研修は行っていますか?
A:現在、西日本で随時、四国地方 香川県高松市において実地研修を行っております。
 
 
Q:資格は、どの級からとるのがいいですか?
A:
 
Q:1日トラベルヘルパーとしてついた場合、どのくらいお金はもらえるのですか?
A:お客様の介護度によりトラベルヘルパー利用料金が違いますので、介護旅行実施SPIあ・える倶楽部のホームページをご参照下さい。URL
 
Q:お客様は、個人の方と団体様ではどちらが多いのですか?
A:団体行動が難しいお客様のご依頼が多いため、個人の方のご旅行となります。もちろん、老人会などのお仲間同士のご依頼もございます。
 
Q:お客様は、どのくらいの方がリピーターでお使いになるのですか?
A:
 
Q:検定合格してからどのような形でトラベルヘルパーとして活動するのですか?
A:準2級、2級合格後、介護旅行実施会社SPIあ・える倶楽部にトラベルヘルパー登録をご案内させて頂きます。もし、ご登録頂けましたら、お客様のご希望があった時に、介護旅行実施会社よりトラベルヘルパーサービス業務の依頼を致します。
 
Q:海外にもトラベルヘルパーが同行しているとの事ですが、英語力は必要になるのですか?
A:行く方面にもよりますが、海外添乗は英語が必須となります。場合によっては、現地でお客様ご希望の手配や交渉することもありますので、仕事レベルの英語は習得して頂いている方がお仕事の幅が広がります。
 
Q:トラベルヘルパーの資格を取得すれば、食べていくことができますか?
A:お客様のご旅行のお申込みがあっての、トラベルヘルパー業務の依頼となりますので、現時点では、1ヶ月の食べていくだけの収入は厳しいと思います。
 
Q:どの要介護度のお客様が多いですか?
A:要支援1から要介護度5までのお客様の中でも、要介護度2or3の方が多いですが、もちろん要介護度5の方も、ご希望のサービス提供ができるトラベルヘルパーにお仕事依頼をしています。
 
Q:トラベルヘルパーをしていて困った事や、ハプニングはなかったですか?
A:
 
Q:2級の備考に補講を受けていただくこともあると記載してありますが、補講を受ければ検定2級は取得できますか?
A:補講を受けて、トラベルヘルパーサービスに必要な確かな技術を習得していただければ、受験できますが、合格をお約束できるものではありません。
 
Q:フィードバックって何ですか?
A:
 
Q:実地研修Cの入浴介助は、実際にご高齢の方の入浴介助をするのですか?
A:ご高齢の方ではありません。が、研修生同士で、実際の入浴介助のロールプレイをしていただきます。
 
Q:インターネット環境がないのですが受講できますか?
A:申し訳ございません。インターネット環境はご自身で整えて頂かなくてはいけません。受講中の課題提出など全てネットを通じて行っています。
 
Q:何級を受ける方が一番多いですか?
A:
 
Q:分割払いはできますか?
A:
 
Q:地方に住んでいるのですが働く場はありますか?
A:お客様のお問い合わせは、全国より受け付けております。お客様のご希望のご旅行に合う
トラベルヘルパーに依頼をお願いしています。が、多いとは言えない現状です。
 
Q:メールができる環境にないのですがどうすればいいですか?
A: インターネットができる環境を作って頂かなくてはいけません。今後のやり取りや仕事が発生した場合の情報収集などにもなくてはならない環境となります。また、現社会でのお仕事に関する情報収集には、インターネットの役割は非常に大きなものです。
 
Q:仕事の都合上、A→Bの順番で実地研修を受けることができないのですが、Bからでも受ける事はできますか?
A: B実地研修から受けることは可能ですが、A実地研修で学んでいただいたことが前提になり
ますので、A実地研修から受けていただくのがスムーズに学んで頂けると思います。
 
 
Q:トラベルヘルパーはどういったところにお勤めの方が多いのですか?
A:介護職の方、旅行系(内勤者・添乗員)の方が多いですが、介護タクシー会社や観光先の宿の方等も増えていっています。
 
Q: Eラーニング準2級35回、2級50回とありますがどのくらいの期間で終わるものですか?
A:準2級35回の場合、1日1課題をしていただくと1カ月少々で終えることになりますが、人によっては1週間に1日3~4課題をされる方もいらっしゃいます。ご自身のペースで学習していただければと思います。
 
Q:どのくらいの方がもっている資格なのですか?
A:
 
Q:マインド・コミュニケーションスキルとは何ですか?
A:外出中の介護技術スキルだけでなく、お客様のお気持ち配慮したお話しかけやお客様の楽しみになるような旅のお話しなど、トラベルヘルパーサービスに必要な意図的会話能力をいいます。
 
Q:研修再受講とありますが、もう一度同額を支払い受講するのですか?
A:
 
Q:養成講座研修Cの補講を受けていただく、とありますがこれはどういった補講を受けるのですか?
A:
 
Q:介護資格も旅行系資格もないのですが、検定を受けるにはどうしたらいいのですか?
A:検定受験をお申込みいただくまでに、ご自身でホームヘルパー2級以上を取得してことになります。また、旅行系資格に関しては、日本添乗サービス協会の基礎添乗業務研修のEラーニングを当協会よりお申込みいただけます。検定を受けられるまでに介護系、旅行系の資格取得をして頂いて基礎知識と技術は身につけて頂いた上での検定受験が可能となります。
 
Q:介護・旅行資格は持っているのですが、介護経験がありません。検定2級は受験できますか?
A:残念ですが、2級受験は当協会が認める介護経験が必要となりますので、受験して頂く事ができません。お客様に確かなトラベルヘルパーサービスを提供するためにも検定2級では介護技術を必要とします。申し訳ございません。
 
Q:養成講座2級を受講した後、検定準2級を受験できますか?
A:できます。検定準2級は、養成講座2級を学んで頂いた中に含まれた内容ですので、また介護系資格・旅行系資格があれば介護経験がなくても受験できます。

説明会

説明会を開催しています

説明会ではトラベルヘルパーの資格のとり方や働き方をご紹介しております。

法人の方も導入事例をご紹介していますのでぜひご参加下さい。

説明会

お問合せやお申込み

こちらからお申込みください

各種お申込み